MLBベッティングシステムで欠かせないこと ― たやすく追加の収入を稼ぐ

ほとんどの人はMLB野球のマネーラインやオーバー/アンダーベッティングの機能方法を知っていますが、ほとんどの無頓着なベッターは「ランライン」ベッティングが何であるのかを知りません。この短い記事の中で、MLB野球ベッティングでのランラインベッティングの機能方法を説明しますね。

成功するMLBベッティングシステムは、各試合に集中することを減らして、試合の全体のシリーズで機能することを教えてくれます。先週のゲームではなく、プレイしているチームの統計分析に従って、3試合連続で賭けることを学ぶことで、勝利のオッズは驚くほど上がります。適切なシステムが永遠に選択してくれるので、選択したチームの勝ちを見て賞金を集めること以外で、生活の中で別の試合を見る必要は一切なくなります。

ランラインにベットする際には、片側 (またはチーム)にベットしますが、マネーラインベッティングとごちゃ混ぜにならないでください。ランラインのベッティングでは、NFLスプレッドベッティングとまさに同じように各チームがカバーしなければならないスプレッドがあります。

ほぼすべてのスポーツブックが使用している一番よくあるラインは1.5ラインです。ゲームで優勢なMLBチームは、その1.5ランスプレッドをカバーしなければなりません。つまり2本以上のホームランで勝ちです。試合で劣勢のMBLチームへのベットは、ホームラン1本で負けるまたは試合結果で勝った場合に勝ちとなります。

MLBベッティングでのランラインはこんな感じです:

ニューヨークヤンキース +1.5

vs. フィラデルフィアフィリーズ -1.5

ニューヨークヤンキース側の1.5の前のプラスサインは、ヤンキースが劣勢であることを示しています。つまり、ヤンキースがきっかりホームラン1本で試合に負けるか、どの得点でも試合に勝てば、ヤンキースへのベットが勝ちとなるということです。

フィラデルフィアフィリーズ側の1.5の前のマイナスサインは、フィリーズが優勢であることを示しています。つまり、2本以上のホームランで試合に勝てばフィリーズへのベットが勝ちになるということです。

それぞれの選択に関連するオッズがあります。それぞれのスポーツブックで決定されるものです。ランラインでベットする際には、優勢側に対してオッズが高くなることが最も一般的です。

MLBのランラインベッティングについて分かったところで、マネーラインやオーバー/アンダーの賭けと、シーズンのMLBの選択を一緒にして新しい知識を活用することができます!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *